読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

座頭市(北野武・2003)

もう十数年前の映画になるけど、きのう北野武の「座頭市」を見ました。 タップダンスのイメージが強かったけど、ダンスのシーン自体は短くてひたすら市(演:北野武)の最強っぷりを楽しむ映画でした。 蓮實重彦が「市は江戸時代にまぎれこんだ金髪の宇宙人だ…

未来世紀ブラジル

見たので感想を書く。 あらすじ 世は管理社会。マシンの誤作動によって書類の「タトル」と「バトル」が打ち間違えられ、無実のバトル氏は連行されてしまう。それを目撃したのがトラック運転手のジル。 一方、主人公のサムは情報省記録局につとめる男。自分が…

アウト寸前がカッコいい

この世で何が怖いといっても、「バイトに遅れる夢」と「何をしでかすかわからない悪役」ほど怖いものはない。後者の代表的なキャラクターといえばノーマン・スタンスフィールド。「レオン」でゲイリー・オールドマンが演じた極悪麻薬捜査官だ。 ※以下、映画…

映画『ハーモニー』考――「親殺し」の物語

先日、伊藤計劃「ハーモニー」の映画版を見てきた。 project-itoh.com これより前に公開されていた伊藤計劃作品*1の映画化である「屍者の帝国」は(僕からすると)満足できない映画だったので「ハーモニー」にもあまり期待はしていなかったが、いざ見てみる…